個人的にはあまり興味のない話しですが、最近周りの人から良く意見を聞かれる例の話題からです。

インスタントジョンソンのじゃいさんが、Twitter上で「競馬界、競馬ファンの未来のために動くことにしました」とコメント。

法律の見直しを求める活動を開始する意向を示しました。

5日にアップした動画では「税務署からの競馬の払戻金に対して、マンションを買えるぐらいの追徴課税を受けた」ことを明らかにしていましたので、このことが伏線になったと思われます。

支払いを求められた理由については、「はずれ馬券が経費にならない」ということだったとし、果たしてこれでいいのかというのが、彼の行動の要因になっているようです。


馬券の払い戻しは「一時所得」か「雑所得」というのは、競馬をする人なら常に頭に入っていることで、過去何度も法廷闘争にもなっています。

ザックリと書きますと、1年間で計50万円以上の払い戻しを得れば、一時所得になり課税対象になります。例えば年収500万円の人ならこれに上積みされるという事ですね。

この一時所得の最大の特徴は、"当たり馬券"を買ったお金しか経費として認められないという点にあります。ですから、はずれ馬券は経費としては認められていないのが現状なのです。

はずれ馬券まで経費として認めると、おそらく競馬場ではずれ馬券を漁りまくり、それを集めて虚偽申告をする人が多発するでしょうからね。

国とすれば、税の抜け道を防ぐ当然の決まり事ということになります。
競馬に限らず競輪、競艇もすべてそういう事になっています。


ただし、馬券の払い戻しが「雑所得」扱いになると話は違ってきます。
雑所得の場合、必要経費は全て引いてもらえます。
つまり、はずれ馬券も経費として引いてもらえるんですね。

これは非常にレアなケースですが、過去に数例あります。
地元大阪隣町の会社員が争ったケースということで、強く印象に残っているのですが、彼の場合、市販のソフトや独自の計算式を駆使し、1000万円を賭けて1005万円が儲かると言う仕組みを開発。

この方法により、毎週土日に開催される中央競馬の全ての競馬場のほとんどのレースについて、数年以上にわたって大量かつ網羅的に、1日当たり数百万円から数千万円、1年当たり10億円前後の馬券を購入し続け利益を得ていました。

彼もじゃいさん同様、はずれ馬券も経費として扱うよう不服申し立てをしたのですが、この人の場合は、裁判所ははずれ馬券も経費として認める雑所得扱いとしました。

つまり、彼の馬券の購入スタイルが"職業"として認められたという事です。
はずれ馬券は、生業上必要な経費として扱われたという事ですね。

ただし、同様のケースでも馬券の購入額が1点数百円だった方の場合は、"趣味"の範囲と認知され雑所得扱いとはなっていませんので、

「朝から夕方まで競馬をして、尚且つものすごい金額の馬券を買い続ける」
このことが、馬券の払い戻しが雑所得扱いとなる一つの判断基準だと考えられます。

ですから、大阪の会社員方はレアなケースと判断すべきでしょう。


恐らくじゃいさんも、この大阪の会社員の例が頭にあったんでしょうね。
ですから、雑所得として税金の申告をしていたんじゃないかと。

逆に、税務署にすれば「都合の良い解釈をするな」と。

争点はこの辺りでしょう。

個人的には、じゃいさんの件が認められるなら、競馬記者の方も当然認めてあげるべきだとは思いますがね。ただ、その壁は相当高いとは思いますが…


ついでに言いますと、じゃいさんは競馬も宝くじのように無税にすべきだとおっしゃっていますが、これは税金の二重払いを防ぐ為で、ちょっと意味合いが違うんですよね。

宝くじは、購入した時点で55%の控除率が発生しますが、その内の40%が税金として地方自治体の収入になっています。残る15%がいわゆる"寺銭"と呼ばれる経費です。

ですから、宝くじが当たった人から税金を取ってしまうと、税金の二重取りになるんですよね。

ちなみに、totoも「サッカーくじ」と呼ばれるぐらいですから、宝くじの一種。
当選金額に税金はかかりません。

一方、競馬の場合は一般的に25%の控除率があると言われています。寺銭の15%は宝くじと同じですが、残りの10%は国庫納付金として国に納められます。国庫納付金は税金ではありませんので、当たり馬券には税金がかかると言う訳です。

「なら、競馬も宝くじのように最初から控除率の中に税金も含んでおけよ」という意見も出てきそうですが、ここに手を加えてしまうとtotoがそうであったように、競馬も宝くじ並みの控除率になってしまうのではないかと。

そうすると、計算上では、今の配当が6割になるんですよね。
解りやすく言えば、万馬券が6千円馬券に。

これはこれで辛くありませんか?


以上。
じゃいさんには頑張ってもらいたいですが、例え勝ったとしても、レアなケースが一つ増えたというぐらいの成果しか得られないかもしれませんね。

「競馬界、競馬ファンの未来云々」までを考えると、壁は相当高いような。

まあ、何にしろ私の進む道ではないと思っていますので、個人的には興味もほどほどといったところです。


では、以下は本日の予想です。
土曜日の予想は、叩き台のみの掲載となっています。
どこか参考になればいいのですが。

東京11R スレイプニルS
地力重視の予想です。能力上位の以下の5頭からの軸馬の選択としました。アルドーレ、レッドソルダード、レザネフォール、ゲンパチルシファー、テリオスベル 先行勢を警戒。近走崩れがないレッドソルダードが本命です。相手は適条件のゲンパチルシファーとしました。


阪神11R米子S
地力と血統両面からの狙いです。能力上位の以下の4騎からの軸馬の選択となります。ヴァリアメンテ、エントシャイデン、クラヴァシュドール、ウインカーネリアン 開幕週の絶好馬場。先行力に期待したいウインカーネリアンが本命です。相手は立て直した成果に期待したいクラヴァシュドールとしました。

以上



◇競馬ファンの誰もが知っている月刊誌『競馬最強の法則』から誕生した、競馬予想に特化したWEBサイト


競馬最強の法則WEB だから・・・
馬券に役立つ競馬予想・予想支援情報は勿論の事、
予想家デビューもできる本格予想大会や、オリジナルルールのPOGといった参加して楽しめる企画も満載!
また、重賞レース厩舎関係者情報、感動の名馬物語といったコンテンツも充実しています!

編集部が身銭を切って厳選した競馬予想! 今なら、無料登録で【馬王Z】の自動運転攻略法がもらえる!!
⇒人気の予想家や予想ソフトの推奨買い目が簡単に見られます!
⇒「馬王Z」、「RB☆STRIKE!」など、ユーザーが独自に設定した条件に一致する馬券を 自動的に購入することができる、自動投票ソフトが揃っています!
⇒南関東競馬などの地方競馬の予想も充実しています!
⇒予想大会、POG大会の読者参加企画も開催中!

編集部が身銭を切って厳選した最強の競馬予想を安心安全に!!
馬券に真に役立つ競馬予想・予想支援情報を厳選し提供しています。 脆弱性を含むOpenSSLは使用せず、サーバーをセキュリティ面で信頼性の高いデータセンターで管理していますので、安心してご利用いただくことができます。


「勝ち組」への第一関門。 まずは、無料会員登録から!

競馬最強の法則WEB
2001年の開設以来、定評のある人気の予想家や 予想ソフトを提供し続け、約14万人の競馬ファンの皆様に支持されているサイトです。

だから、ご安心してご利用下さい!